大きな小陰唇で困っているときは縮小手術で大きさや形を整えよう

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

医師と病院を選ぼう

婦人

小陰唇を縮小したいというときには婦人科形成クリニックで手術をすることになるでしょう。自分の理想通りの大きさやデザインにするためにも頼れる医師を探さなくてはいけません。

もっと読む

2つの手術方法

座る婦人

デリケートゾーンが黒くなる原因の1つが小陰唇の肥大です。肥大で黒くなっている場合は縮小手術で解消できるでしょう。メスを使う方法とレーザーでの方法があります。レーザーのほうが費用は高いですが、抜糸の手間がなくなります。

もっと読む

手術のメリット

座る女性

小陰唇が肥大するといろいろなトラブルを招きます。コンプレックスにもなるので縮小手術で治しましょう。術後数日間は出血があるのでガーゼでしっかり保護しなくてはいけません。医師の指示どおりにしましょう。

もっと読む

相談できる医療機関を知る

悩むレディ

女性のデリケートゾーンの部分に小陰唇という部位があります。小陰唇は尿道や膣の入り口を塞ぐ小さなヒダのことです。日本人の平均的な小陰唇の大きさというのが、幅1センチから2センチ程度でしょう。少し平均よりも大きいからといって心配することはありません。この部分の大きさは人によって違っているのです。しかし、大きすぎて下着と擦れるという場合や座ったときに痛みを感じる場合、黒ずみが酷くなるという場合は対策をしたほうがいいでしょう。また、人のよっては大きいことにコンプレックスを感じることもあるでしょう。そんな小陰唇の大きさで悩んでいるという場合は婦人科形成クリニックで形や大きさを整えてもらうといいのです。婦人科形成クリニックというのは女性のデリケートゾーンの悩みを解消してくれる医療機関です。小陰唇の大きさだけでなく、大陰唇や膣、処女膜などさまざまな女性特有の悩みを相談できるでしょう。内容に合わせていくつかの治療も行なってくれます。デリケートゾーンの悩みがあるという場合は婦人科形成クリニックを探しましょう。

小陰唇が肥大しているという場合に婦人科形成クリニックで行えるのが縮小手術です。縮小手術は、小陰唇の皮膚を切除して縫合するという方法です。主に高周波メスやレーザーで縮小手術が行なわれます。縮小手術の前には医師とデザインについて話し合うことになるでしょう。どのような部分がきになるのかしっかりと悩みを聞き取ってくれる医師を探すといいでしょう。